飯面雅子が砂でかなでる制作会社

親子でできるサンドアート

  • HOME »
  • 親子でできるサンドアート

サンドアートパフォーマンスは、リアルタイムでサンドテーブル上に物語を描いていく、の芸術作品といえます。最近はサンドアートのキットも販売されていて、自宅などでも気軽に楽しめます。そんなサンドアートは、親子の絆を深めるツールとしても活躍します。サンドアートの魅力を感じながら、親子の距離を縮めていきませんか。

親子で触れ合える

子どもの人格が形成される大切な時期は、親と子の触れ合い遊びが重要になってきます。会話で触れ合うのも良いですし、手を取り合うのも良いと思います。肌と肌が触れ合うことで、愛情をたっぷり注ぐことができるのです。サンドアートは近い距離で同じ作業ができ、会話や触れ合いを通して距離が身近に感じられるようになります。同じ空間を共有でき、会話を交わし合いながら楽しめるサンドアートは、親子の触れ合いの時間としておすすめです。

子どものことが理解しやすくなる

子どもが小学校に通うようになると、親子の時間も次第に少なくなってきます。そのため、子どもが学校生活を通してどのように成長しているのか、細かい部分まで把握できないと悩む方もいらっしゃると思います。

我が子の成長を実感するには、親子で一緒に作業をする方法があります。魅力的なストーリーを自由に創作できるサンドアートは、親子で一緒にストーリーを作り上げることができます。作品を通して、子どもが持っている表現力や感性などをすぐ側で感じ取れることでしょう。

互いに教え合える関係になる

親が子どもに教える一方で、子どもから教わることも数多くあります。子どもは遊びを通してルールを学んでいき、自分が覚えたルールを話したいと思うようになります。たとえ知っている内容であっても聞き流すのではなく、その言葉に耳を傾けることが大切です。サンドアートは、子どもの独創性が開花するきっかけにもなり、子どもの新たな感性を共有することもできます。

サンドアートを体験するなら、サンドアート工房のワークショップやイベントにご参加ください。
日本のサンドアート先駆者である飯面雅子が、初心者の方にも分かりやすい指導を行います。自分の作品を映像としてDVDに収録するため、いつでも作品をお楽しみいただけます。子どもと一緒に試行錯誤しながら、親子の絆を深める作品を作り上げませんか。

お問合わせ
PAGETOP
Copyright © サンドアート工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.